アパート経営で重要なのは空室率です。

アパート経営は不労所得の一番手に上がる不動産投資です。本屋さんなどに行きましても「不動産投資を勧める本」がたくさん並んでいます。ですから、「老後の資金のために」とかまたは副業として不動産経営を始める人がいます。しかし、アパート経営に警笛を鳴らす経済誌などがあるのも事実です。経済誌が警笛を鳴らすのは安易にアパート経営を始める人が多いからです。このときに問題なのは「安易に」始めることです。アパート経営はあくまで投資だということを考えずに始める人がいます。そうした人たちに警笛を鳴らしています。中には不動産業者に勧められるままに「安易に」副業として始める若いサラリーもいます。しかし、貯金とは違いますので必ず成功するとは限りません。そこが貯金と投資の一番の違いです。

こちらの記事も読まれています。
ローン未完済の家を売るときの「オーバーローン」「アンダーローン」

金融機関の中には「相続税対策のひとつ」として不動産投資を勧める事例もあります。しかし、これにも警笛を鳴らしている経済誌があります。ひとつ間違えますと、相続税対策どころか資産を失うことになる可能性があるからです。ですから安易に不動産投資に足を踏み入れる際は用心が必要です。このように用心をするなら、そして不動産業者の選択を間違えなければ成功する不動産投資になることもまた事実です。

不動産投資で重要なのは空室率です。空室率とは全世帯数に対する空き室の割合です。この割合の目安は3割と言われていますが、実際はケースバイケースです。自己資本の割合によっても違いますし、ローンの利率にも拠ります。自己資本とは自分で用意できる金額のことですが、もちろん自己資金は高ければ高いほど成功する確率は高くなります。不動産投資で注目される方式にサブリースの方法があります。これは不動産業者が一括で借り上げる方式で空室があっても不動産業者がすべてに入居者が入っているということで賃料を払ってくれる方式です。ですから、一見すると全く損をしないように思えますが、あくまで投資であることを忘れては危険です。つまり、条件により満額の入居料を支払ってもらえないこともあることです。そうしたマイナスの情報もきちんと教えてくれる不動産業者を選ぶことが大切です。中には「よい情報」ばかりをアドバイスしたり、強調するばかりでマイナス情報を教えない業者もいます。投資は貯金ではありません。必ず増えるどころかすべてを失うリスクがあることも念頭に置いてはじめることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です