アパート経営に当たっての相談と依頼

アパート経営に乗り出すに当たっては、相当な不動産知識が必要となります。かなりの専門性が求められますので、専門家への相談は欠かせません。ただ、専門家の間でも見解が分かれることも多いため、複数の専門家に相談しても、結局、家主がリスクを負うことになります。大きなお金が動きますので、なるべくリスクを負いたくないという家主が多いのも当然です。

我が国では戦後ずっと住宅難の時代が続いていましたから、アパート経営で成功する例が多かったのですが、戦後初めて人口が減少に転じるという事態となり、賃貸住宅にも空きが目立つようになりました。今後アパート経営で成功するのは、以前ほど容易なことではなくなるでしょう。ただ、好立地で入居者の需要を満たした物件であれば、空室はほとんど生じないという現実もあります。

そうした人気物件にするためのノウハウというのは、一朝一夕に得られるものでもありません。土地と資金を提供して、あとは専門家に経営を任せるという家主もいて、それもひとつの解決策といえそうです。専門家が経営するアパート管理会社に、入居者の募集から入居審査、家賃の設定まですべて任せ、家主は毎月一定金額を受け取るだけというケースもあります。管理料は相当高額で、家主が受け取る家賃はかなり低くなる例もありますが、それは管理会社ごとに異なります。

この記事も読まれています。
中古マンションが売れやすい時期は「ある?」「ない?」

管理会社が、毎月家主に一定額を支払う場合、空室が出たときのリスクや、家賃が滞納されたときのリスクなどをすべて管理会社が負うわけですから、高額な管理料を支払っても、見合うと考える家主もいます。専門家に相談したうえで、経営は自分でおこなえば、家賃はすべて家主のものとなりますが、空室が出れば収入は激減しますし、ゼロになるリスクもあります。相談だけでなく、管理を全面的に依頼し、たとえ低額でも、毎月安定して収入を得られる方を望む家主も少なくありません。

管理会社の中には、アパートの修理修繕費も管理費の中に組み入れるケースもあります。アパートの修理修繕費というのは、相当高額なものです。数年おきくらいに、そうした費用が発生するのは避けられません。そうした臨時出費を好まない家主も多いです。家主自らがそうした出費に備えて積み立てをしておくという道もありますが、そうしたこともすべて管理会社に任せたいという意向も当然見受けられます。この場合、管理費はさらに高額になり、毎月家主が受け取る家賃は下がりますが、それでもすべて任せたいとするケースは多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です